HOME>注目記事>スクールには漠然と通うのではなく目的意識をしっかり持つこと

英語力が必要な時代

アルファベット

東京とか横浜と言った大都市圏には、観光で訪れる外国人以外に仕事のために訪れている人をたくさんみかけることになります。場所によっては日本人より外国人の数の方が多いのではと思えて来るほどです。そんな多くの外国人に対応するためにも、必要になって来るのが英会話です。英語は各国の共通語にもなっていることもあり、英語を話せることで多くの国の人との会話が成り立つようになってもいます。英語力がしっかりと身に付く英会話スクールに通う必要が出て来ます。それも出来るのであれば講師とマンツーマンで学ぶことが出来る教室を選ぶことが早道になります。どこまで覚える必要があるのか、目的をしっかり持つことも英語力をつける秘訣となります。

グループレッスンより割高になってしまう

大学生

横浜などにある英会話スクールに入る時には、基本的に入学が必要となります。この入学金はスクールによって違いがありますが、おおよそ2万円から3万円程度が多くなっています。また教材費も必要になるのですが、これも幅があり1万円で済む所があれば3万円近く払うことになるスクールも出て来ています。そして最も大事なことになるのがレッスン料ですが1時間単位で考えてみると、マンツーマンの場合最低でも5千円が必要と考えましょう。高い所では1時間あたり1万円ほどになる場合もありますので、費用の面では注意が必要です。グループレッスンよりは、割高になると知っておきましょう。

体験授業を受け納得した後入学を

授業

横浜市内にある英会話スクールに通う場合には、入学前にスクールの実績や評判を確認しておく必要があります。ホームページを検索することは当然のことですが、口コミだけでなく実際に通ったことのある生徒さんの話を聞くのも良い方法です。この情報を得る時、出来るだけ多くの情報を取ると言うことも大切です。少ない情報では、一方に情報が偏ることがあるからです。スクールでは必ず体験入学を実施してくれることになります。マンツーマン授業の体験レッスンを受けてから、納得の行くスクールと思えたら入学しても良いでしょう。講師の質や教室の雰囲気など、自分と合うことが大事なことにもなります。

広告募集中